忍者ブログ

菊池ごはん

2013年2月4日開設。 旅行記がわり、菊池や菊池一族についての備忘録。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

菊池武重公墓(東福寺歓喜院)

 全盛期の東福寺は三六坊が立ち並んでいたとされ、その中の一つに歓喜院なるものがあります。一説では、菊池武重公(以下、しげちー)は家督を弟・武士公に譲った後剃髪、歓喜居士と称しここに居住し、仏道の修行をしたとされますが、あの大変な時期に、とてもそんな余裕があったとは思えないのです。
 しかしそのしげちーの墓が歓喜院跡にあるので、本当にそんな余裕があったのでしょうか。

 城林城から撮影した写真の拡大ですが、畑の中にあるのが歓喜院跡のしげちー墓です。

 その背後の山の中腹にあるのが東福寺ですね。


 近づくとこのような感じで、畑のど真ん中です。これは桜の季節(2011年3月30日)に撮影したものです。


 こちらが墓碑。後に紹介しますが、みっくん、ともくん、菊池武吉公の墓と一緒ですね。なぜ一緒なのでしょうか。
 それは、湊川神社の武吉公墓(楠木正成墓とも言う)の図面を取り寄せて作成されたからなのです。
 江戸期に中村庄右衛門なる人物が藪の中に「石をこつみたる」墓を見つけました。詳しいことはわからないのですが、色々と調べた結果彼はこれがしげちーの墓だと確信し、このように荒れ果てたのを嘆いて、図面を取り寄せ1690年に私費で建立したとのことです。高山彦九郎も後に訪れたとか。

 今となっては中村庄右衛門さんになぜしげちーの墓だと確信するに至ったのか聞くことはできませんが、歓喜院にしげちーの墓があると言うことは、しげちーは歓喜院に隠居していたはず、と後付けで説明されるようになったのではないか、と勝手に推察します。

 次は菊池五山の残り、大琳寺について。

【文献】
『菊池風土記』
堤克彦『郷土史譚100話 菊池』

【菊池武重公墓】
菊池市亘 Pなし。東福寺からそのまま歩くか、車の往来が少ないので路上に駐車するか。

より大きな地図で 菊池一族おっかけマップ(肥後) を表示
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
杜小路
HP:
性別:
非公開

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

バーコード

フリーエリア

最新CM

[09/07 名無しのリーク]
[08/01 名無しのリーク]
[07/31 情報漏洩]
[05/23 NONAME]
[04/21 杜小路]

P R

Copyright ©  -- 菊池ごはん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]