忍者ブログ

菊池ごはん

2013年2月4日開設。 旅行記がわり、菊池や菊池一族についての備忘録。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

託麻原の戦いの史跡が消滅

 先日の講演で紹介された託麻原合戦史跡は次の二つです。

 まずは水前寺野球場裏の駐車場にある碑。

 車が邪魔で良い写真が撮れませんでした。

 下にある二枚のレリーフがこちら。

 一枚目が良成親王、二枚目が菊池武朝と紹介されることがありますが、どう見ても二枚目が武朝公です。

 親王は旗や甲冑に並び鷹の羽紋は使わないでしょう。

 託麻原の戦いとは(以下、作成済みのページからほぼ引用)、九州宮方最後の勝利と言ってもいい戦いです。
 本拠から出てこようとしない武朝を引っ張り出そうと、今川貞世は武朝をあえて無視し隈本城(詳細不明)へ入城、肥後南部に進出します。これを放置していては肥後南部の宮方に見放されると、武朝はあえて託麻原へと出陣。今川勢2万騎に対し、菊池勢はわずか3500騎だった(今川6万余騎、菊池2万余騎説あり)。天授四年(1378年)9月29日とのこと。
 してやったりと攻撃を仕掛けた今川軍ですが、武朝が決死の突撃で奮戦。数に任せて圧しつつもうとするも、良成親王の突撃によって勢いを得た菊池勢は、さらに高瀬武国、詫磨武元コンビが奮戦し、今川仲秋勢を圧倒、仲秋勢の後退に連鎖反応を起こして全軍総崩れとなり、見事に勝利したとされます。ただし、本陣の了俊はびくともせず、結局は菊池を追われることになるのです。

 さて、その戦死者の慰霊碑とされるものがこちらの八万千部之碑です。

 「サンパレス桜通り」の端っこに、説明板もなくひっそりと立ちます。
 「戦死」者八万一千ということらしいのでしょうが、仮に6万騎vs2万騎説で、騎が騎馬でその従者がいるとしても、いくら何でも盛りすぎでしょう。ただ、それだけ激戦だったと言うことなのですかね。

 さて、この八万千部の碑、なんと整地されて消滅していることを講演で知りました。花岡氏もサンパレスに問い合わせたところ、「丁重にお祓いをして撤去した」そうで、どこかに再建されたわけでもないようです。碑はどこに消えたのでしょう。なお、ニュースになっていないですし、整地している時に何か地中から出てきたわけでもなさそうです。

 次回こそは高瀬や上京した武重公の話に戻りたいところですが、もう少し脱線して逆にちゃんと保存されている、講演で紹介された史跡について。

【参考文献】
阿蘇品保夫『菊池一族』など
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
杜小路
HP:
性別:
非公開

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

バーコード

フリーエリア

最新CM

[09/07 名無しのリーク]
[08/01 名無しのリーク]
[07/31 情報漏洩]
[05/23 NONAME]
[04/21 杜小路]

P R

Copyright ©  -- 菊池ごはん --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]